東 京

SGD(杉並学院高校)

  • DANCE
  •      
  • 閲覧数:3160
作品名
心髄
 日本工学院ミュージックカレッジ賞

作品のテーマ / ストーリー

ある日の夜、1人の警察官が夜間パトロールをしていると街に浸食してきたゾンビ達が突如背後から現れ、警察官を襲う。仲間がいなくなったことに気づき、他の警察官達がゾンビを倒すべく闘おうとするが、ゾンビは他の警察官達をも感染していき人間の心を奪われていってしまう。しかし、心にわずかながら残された人間(警察)の心を取り戻そうとゾンビになったものの、葛藤を続ける。そして、全員が心の葛藤の末に人間の心を取り戻し、元の警察となる。だが、最後にはゾンビだった頃の心が再び芽生えてきそうになり、ゾンビの心に打ち勝った1人の警察官を本能のままに襲おうとしたところを(ゾンビの心に打ち勝った)警察官がゾンビの心を押さえつける。

コメント

コロナで目標としていた様々な大会や楽しみにしていた発表が出来なくなってしまいましたが、MUSIC DAYSとういう新たな目標ができ、みんなで協力して創れた作品になりました。警察とゾンビ、それぞれの表情とダンスにご注目下さい!

審査コメント

●テーマ性も良く、振りも揃っていて、構成も変化していて良かったと思います。後はここからさらに1秒を無駄にしない。という目標で作品をクラッシュ&ビルドできると優勝の可能性がさらに上がるのかなと思いました。セオリー通りの移動ではなく、別の何かを混ぜたりもっと立体に動かせそうだなと思いました!

●オープニングからステージに引き込まれる内容で、パフォーマンスコンセプトがしっかりとしてる作品でした。体育館をステージに仕立て、その中で移動もスムーズにこなし、多くの練習量が伺える内容でした。音楽に合わせ様々ダンスジャンルを駆使し表現出来ていた部分も高評価で、最後の曲の選曲も良く、ラストまで飽きさせないパフォーマンス!

●一体感のある作品で、特にユニゾンがよく揃っていて、パワフルな良いパフォーマンスでした。

●ストーリー性のあるHIPHOPでとても工夫されていると思いました。ハードな衣装替えにもトライしてくれているので、そこがより伝わりやすい見え方を研究してみると良くなると思います。