相模原・町田

ADOLESCENCE(桜美林高校)

  • DANCE
  •      
  • 閲覧数:351
作品名  個性の主張 〜何にも屈することない私らしさ〜

作品のテーマ / ストーリー

突然の休校によって、高3の引退公演も日々の練習も全てが中止になりました。高3が引退公演で披露する予定だったナンバーを、先輩たちの思いとともに高2が引き継ぎました。いつもの日常ではなくなってしまって、当たり前が当たり前でなくなってしまって…そんな中でも私たちの「ダンスが好き」という思いや、「私たちらしさ」は変わりません。今の私たちの気持ちをこのダンスで精一杯表現しました。

コメント

大会出場の機会に感謝します。突然の休校によって、高3の先輩方の引退公演も日々の練習も全てが中止になりました。大好きな先輩たちが引退公演で披露する予定だったナンバーを、先輩たちの思いとともに高2が引き継ぎました。現在も活動は週3回に制限されていますが、Zoomを使って振り入れをしたり、与えられた環境の中で精一杯頑張りました。いつもの日常ではなくなってしまっても、当たり前が当たり前でなくなってしまっても、私たちの「ダンスが好き」という思いや、「私たちらしさ」は変わりません。今の私たちの気持ちをダンスで精一杯表現しました。大変な時期だからこそ、このダンスを通じて皆さんに勇気や希望が届けられたら嬉しいです。そして、勝ちにいきます!!

審査コメント

●カノンがとてもきれいで、ユニゾンも揃っていて良かったです。腕の動きも綺麗に揃っていたので、もっと下半身から全身を使って大きく踊るように練習すると、この曲に合ったダイナミックな雰囲気がもっと出ると思います。

●ラインが綺麗に出せているチームだと思いました。映画でのこの歌の登場シーンはとても力強い場面です。形の美しさではなく、さらに深い表現まで皆で探求できるとより素敵になると思います。